2007年11月05日

福山雅治、柴咲コウのガリレオが好調

 ドラマ「ガリレオ」がフジテレビ系で放送スタートしました。恋愛ドラマが多い中でのサスペンスものですが、勝っています。福山雅治の演じる天才物理学者湯川学が、柴咲コウの扮する女刑事とともに超常現象のような事件を解決していきます。原作は東野圭吾の『探偵ガリレオ』だけに、重厚です。


 三話目も見ました。ゲストには広末涼子がテレビドラマに久しぶりの感じで登場しました。この役大丈夫? なんて最初に思ってしまったのですが、しっかりハマっていて良かったです。今回もただの依頼ではなくて、オカルトっぽいポルターガイスト現象のネタでした。しかし、ミステリやトリックは軽く扱われていて、人間模様をクローズアップしているように感じられました。捜査令状がないのに入ったのでは、家宅侵入の違法捜査ではないでしょうか。しかし、大したことではないという感じで...


 柴咲コウは、「湯川(福山雅治)と薫(自分)の対比が重要。薫は割とノーマルなキャラクターなのかもしれないですけど、同時にガイド的な存在でもあると思っているんです。女性で警察官で、っていうところで、薫の存在によって、犯人の事情がより見え易くなるのではないかな、って思っています。」と、役柄ぴったりの重厚な論調を展開します。
 年のことでいうと、柴咲コウよりも広末涼子のほうが1つ年上なんですね。それがなんとなく不思議に思えてしまいました。

10/29 ドラマ・ガリレオの感想
ガリレオ 第3話「騒霊ぐ」
【ガリレオ】第三章 騒霊ぐ 〜ドラマはドラマで〜
論理的でないところが魅力です
『ガリレオ 第3話 騒霊ぐ』を観ました
ガリレオ 第3話 騒霊ぐ
フジテレビ「ガリレオ」第3話:騒霊ぐ(さわぐ)
ドラマ『ガリレオ』第3話「騒霊ぐ(さわぐ)」を見て
ガリレオ 第3話 「騒霊ぐ」
ガリレオ 第3話『騒霊ぐ』


posted by wadaiネット at 02:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラマ『ガリレオ』第3話「騒霊ぐ(さわぐ)」を見て
Excerpt: ガリレオ第2話の視聴率は22.1%でした。 第2回目の視聴率として今年度の最高記録だそうです。 第3話はどうなりますかね? 今回のゲストは広末涼子。 広末あやしーと思いながら見てたんだけど、犯人じゃ..
Weblog: ミーハー イン ゴージャス
Tracked: 2007-11-05 22:55
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。