2007年12月16日

銃乱射の馬込政義容疑者が自殺、佐世保で 被害男性と元同級生

乱射の容疑者、自殺 佐世保 被害男性と元同級生 (朝日新聞速報ニュース 2007年12月15日15時11分)
  長崎県佐世保市名切町のスポーツクラブルネサンス佐世保」で14日夜、男が乱射し、従業員や利用者ら8人が死傷した事件で、県警は15日、男を同市船越町、無職馬込政義容疑者(37)と特定した。馬込容疑者は同日早朝、自宅近くの教会敷地で死亡しているのを発見された。自殺したとみられる。一方、馬込容疑者は事件前、殺害された藤本勇司さん(36)ら友人数人をスポーツクラブに誘い出していたことも関係者の話で判明した。県警は、馬込容疑者と藤本さんの間で何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて慎重に捜査している。
 (もっと読む)


posted by wadaiネット at 20:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警察の監視下にあった教会敷地でなぜ容疑者は自殺できたのか
Excerpt: 引き続き佐世保の散弾銃殺人事件です.この事件に対するメディアの対応が全くバランスを欠き,重要な基本的事実についての検証に紙面や放送時間を取ることなく,いたずらに馬込犯人説を強化するような周辺的情報ば..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2007-12-20 23:52
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。