2007年12月16日

浅田真央が2位に躍進、優勝は金妍児 フィギュアスケートのグランプリ/ファイナル女子

浅田が2位に躍進、優勝は金妍児…GPファイナル女子 (YOMIURI ONLINE 2007年12月16日9時22分)

  【トリノイタリア)】フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルは15日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で最下位の6位だった浅田真央(愛知・中京大中京高)が、合計191・59点で2位に躍進した。
 SP首位の金妍児(キム・ヨナ)(韓国)は、ジャンプで転倒したものの、合計196・83点で連覇を達成した。中野友加里(早大)は172・96点でSPから一つ順位を落として5位。

 (もっと読む)


posted by wadaiネット at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。